• strict warning: Non-static method view::load() should not be called statically in /home/robnoll/wunderkammermag.com/sites/all/modules/views/views.module on line 838.
  • strict warning: Declaration of views_plugin_display::options_validate() should be compatible with views_plugin::options_validate(&$form, &$form_state) in /home/robnoll/wunderkammermag.com/sites/all/modules/views/plugins/views_plugin_display.inc on line 1707.
  • strict warning: Declaration of views_plugin_display_block::options_submit() should be compatible with views_plugin_display::options_submit(&$form, &$form_state) in /home/robnoll/wunderkammermag.com/sites/all/modules/views/plugins/views_plugin_display_block.inc on line 184.
  • strict warning: Declaration of views_handler_field_broken::ui_name() should be compatible with views_handler::ui_name($short = false) in /home/robnoll/wunderkammermag.com/sites/all/modules/views/handlers/views_handler_field.inc on line 590.
  • strict warning: Declaration of views_handler_field_user::init() should be compatible with views_handler_field::init(&$view, $options) in /home/robnoll/wunderkammermag.com/sites/all/modules/views/modules/user/views_handler_field_user.inc on line 48.
  • strict warning: Declaration of content_handler_field::options() should be compatible with views_object::options() in /home/robnoll/wunderkammermag.com/sites/all/modules/cck/includes/views/handlers/content_handler_field.inc on line 170.
  • strict warning: Declaration of views_handler_sort_broken::ui_name() should be compatible with views_handler::ui_name($short = false) in /home/robnoll/wunderkammermag.com/sites/all/modules/views/handlers/views_handler_sort.inc on line 82.
  • strict warning: Declaration of views_handler_filter::options_validate() should be compatible with views_handler::options_validate($form, &$form_state) in /home/robnoll/wunderkammermag.com/sites/all/modules/views/handlers/views_handler_filter.inc on line 584.
  • strict warning: Declaration of views_handler_filter::options_submit() should be compatible with views_handler::options_submit($form, &$form_state) in /home/robnoll/wunderkammermag.com/sites/all/modules/views/handlers/views_handler_filter.inc on line 584.
  • strict warning: Declaration of views_handler_filter_broken::ui_name() should be compatible with views_handler::ui_name($short = false) in /home/robnoll/wunderkammermag.com/sites/all/modules/views/handlers/views_handler_filter.inc on line 608.
  • strict warning: Declaration of views_handler_filter_many_to_one::init() should be compatible with views_handler_filter::init(&$view, $options) in /home/robnoll/wunderkammermag.com/sites/all/modules/views/handlers/views_handler_filter_many_to_one.inc on line 61.
  • strict warning: Declaration of views_handler_filter_term_node_tid::value_validate() should be compatible with views_handler_filter::value_validate($form, &$form_state) in /home/robnoll/wunderkammermag.com/sites/all/modules/views/modules/taxonomy/views_handler_filter_term_node_tid.inc on line 288.
  • strict warning: Declaration of views_plugin_style_default::options() should be compatible with views_object::options() in /home/robnoll/wunderkammermag.com/sites/all/modules/views/plugins/views_plugin_style_default.inc on line 25.
  • strict warning: Declaration of views_plugin_row::options_validate() should be compatible with views_plugin::options_validate(&$form, &$form_state) in /home/robnoll/wunderkammermag.com/sites/all/modules/views/plugins/views_plugin_row.inc on line 61.
  • strict warning: Declaration of views_plugin_row::options_submit() should be compatible with views_plugin::options_submit(&$form, &$form_state) in /home/robnoll/wunderkammermag.com/sites/all/modules/views/plugins/views_plugin_row.inc on line 61.
  • strict warning: Non-static method view::load() should not be called statically in /home/robnoll/wunderkammermag.com/sites/all/modules/views/views.module on line 838.
  • strict warning: Non-static method view::load() should not be called statically in /home/robnoll/wunderkammermag.com/sites/all/modules/views/views.module on line 838.
  • strict warning: Non-static method view::load() should not be called statically in /home/robnoll/wunderkammermag.com/sites/all/modules/views/views.module on line 838.
  • strict warning: Non-static method view::load() should not be called statically in /home/robnoll/wunderkammermag.com/sites/all/modules/views/views.module on line 838.
  • strict warning: Non-static method view::load() should not be called statically in /home/robnoll/wunderkammermag.com/sites/all/modules/views/views.module on line 838.

Eye on the Ball
Some thoughts on Baseball and Fatherhood

The fraxinus Americana crack of Josh Hamilton’s bat had the crowd in a holler. And there I was, cached in bleachers behind home plate, taunting the naysayers on all sides, letting them know they couldn’t keep “Hambone” down. All of a sudden Hamilton appeared, in a visionary vignette, crossing home plate with an indigo stitched “TEXAS” headed straight towards me. He arrived, gave me a fist-bump and said in the most serious manner, “Thanks man”. My response escapes my memory, dreams being like that. I remember only acute anxiety as the big 32 on the back of his jersey slowly vanished into a labyrinthine dugout: “I just let this moment pass without getting an autograph, dammit!”

Lately my subconscious has been taken over by baseball. I recently had to confess to my wife that I bought a pack of Topp’s Allen & Ginter baseball cards in the drugstore checkout, and more embarrassing, I attributed a quote by Thomas Mann to Terrence Mann on a job resume profile—further evidence that my mind resides somewhere between the Magic Mountain and a Field of Dreams.

The explanation for the dream is simple: I recently plowed through Josh Hamilton’s autobiography Beyond Belief: Finding the Strength to Come Back, a Dantean journey through the hell of drug addiction, ending with him becoming arguably the best player in Major League Baseball. But that an altogether renewed—seemingly out of the blue—interest in baseball has burgeoned in my waking hours, that’s a bit more complex. It has a lot to do with my dad. But also the fact that I am now a father, with two boys beginning their fascination with baseball. My father spent most of his life fighting, and succumbing to, addictions. How do I resist the same temptations? He lost the battle and died suddenly at 46. He loved baseball. How does life go wrong for a man, what causes him to chose one way rather than another? How do I choose? Baseball, perhaps, is the heuristic framework within which I might learn virtue, the virtue of fatherhood.

I should hardly be surprised, then, that at the point in my life when I’m finally okay with remembering my dad, I should find within the game of baseball the right structure through which to think of him. It’s the years of playing baseball with him as my coach where memory truly forgives best. Or memory’s soothing reel of his dark pomegranate knees joyously kissing his chest, and the thundering release of these giant leaps upon our mobile home’s hollow floor: he couldn’t believe my home state Diamondbacks (in the most hideous uniforms in baseball history) had just miraculously pulled off game 7 of the 2001 World Series against the Goliath Yankees. Time had stood still, and he was present.

I’ll never forget 2001. It was a hard year. My father and I were searching for different worlds, worlds beyond our own egos. Perhaps we were looking for each other, I don’t know. We didn’t know that we didn’t know, perhaps that was the tragedy of it all. We lacked learned ignorance. We thought we were in control of these knuckleballed wills of ours, we thought we were blacksmiths in self-worlding; we were iron against iron. And it hurt, like a little hell was leeched in our synapses. But he seemed to know – the only one to really know – what was going on after I dropped out of college, leaving my football scholarship in ashes. He fought the mania and lows for years, he had had certain solidarities with the bilious clouds whirling in my mind. He tried to smile. I tried to smile. Game 7 smiled, and we crawled out of our withered heads for a moment, for a change. We came to a rest, and we saw that it was good. We were there, here, in more ways than the spatiotemporal.

It’s as if when my dad stopped coaching baseball—which was precisely the year, to my dad’s great disappointment, that I gave the diamond up—he also forgot all those virtues of learning to play the game he taught us kids. Keep your eye on the ball. Don’t swing at bad pitches. Step up to the plate. Pitch by pitch, son. All the standard baseball metaphor clichés that have become, as Nietzsche would’ve said, “like coins which have lost their pictures and now matter only as metal, no longer as coins,” may also be the very antidotes to self-destruction; the simple wisdom that alters an entire life’s course.

For some mysterious reason he lost sight of the ball. He moved on to his third woman and was no longer a boy with a son, but merely a man with sons. One son he forsook, meeting him only once as a young child. My brother, my only brother, is a fatherless man, always was. No bat. No ball. No hat. No glove. Foolish man, our father, he should have known that only boys can grow up, only boys can hope. Men are unmalleable to time, merely beings toward death, whereas boys are time’s reflection of eternity. It is fitting, then, that baseball lovers are “boys of summer.” Let winter’s men bury their own dead, while the boys await the eclipse and cloud of spring’s wink, the yellow rose of summer throws, autumn’s “yellow feather in the boughs.”

“Baseball is a game of failure”, writes Josh Hamilton, reflecting on the similarities between fighting drug addiction and stepping up to the plate with new resolve. It schools us in that vital virtue of hope, that idea that everything just may not be infinitely lost after all; that not every batter’s box in life has “Abandon all hope ye who enter here” grafted in its foundation. The nature of the game, as in life, revolves mostly around how we respond to failure. In baseball, if you fail 7 out of 10 times at the plate you’re considered a good hitter. According to this statistical structure our dads may not be as fucked up as we thought. But that all depends on how we perceive failure, and how we think about success. Perhaps it even requires an idea of grace.

It is, though, the how we think that is most difficult to change. It is this how that constitutes the very structure of our thought. It determines what we deem possible or not. But it is so close to us that we are often unable to see it in order to identify it, in order to see it as something that needs to be changed at all. “98 percent of hitting is mental,” Hamilton says in response to a question about a hitting slump. Hitting is about focus, attention, and discipline. It’s about choosing rightly, remembering rightly, and forgetting rightly. Everyday you wake up, every time you step up to the plate, you have to learn the imponderable habit of knowing what is truly worth thinking about; what is really worth one’s memory and, most importantly, how one is going to remember. “The entire ball game, in terms of both the exam and life, was what you gave your attention to vs. what you willed yourself not,” writes David Foster Wallace in his unfinished novel The Pale King.

Years ago, when the poisons of melancholy first began coursing through my veins, my mom would try to calm my mind before sleep. She usually just prayed. But one time she told me an age-worn cliché that has ever since oscillated in my memory: an idle mind is the devil’s playground. Are there two playgrounds of thought vying for our attention? One like a diamond, fractal in its beauty, with bases, a home, a dugout, straight lines and curves—and most persuasive, a beauty beyond the confines of the ballpark, the transcendent joy and revelation of a homerun. And, on the other hand, the devil’s monkey barred playground: back and forth, back and forth—legs dangling over the abyss—in straight lines that lead precisely nowhere.

T.J. Logan is a postgraduate student at the University of Nottingham, England. He has also written for First Things and The Other Journal.

Comments

Excellent facts, With thanks.

Thanks a lot! Useful stuff.

You actually expressed it superbly.
xunjie

妊娠前から妊娠初期の体は、赤ん坊を作るための細胞分裂期で、母体では普通の約2倍ほどの葉酸が使われると言われています。それで妊娠時には葉酸が母体から不足しないように葉酸サプリメントを摂るように勧められています。ビタミンB12も葉酸と協力しあい、妊娠時の貧血予防防止にも重要な成分です。葉酸の再利用を助ける働きもあるので同時に摂取するが大切です。葉酸サプリメントは、ビタミンCやビタミンB12、ビタミンB6などのビタミン、ミネラルがバランス良く配合され、食品添加物は含んでいないものを選ぶことが大切です。また、葉酸は光や熱に弱く、空気に晒されることでも酸化し、分解しやすい性質なので、葉酸サプリの保管場所にも注意しましょう。

Regards. I like this!

Good data. Appreciate it!

You expressed this fantastically.
xunjie 旗艦店と福音のファンの広いレッドハウスの腹心を開いた最新のトレンドレッドハウスの親友より多くの商品を学ぶ最初の、
煙のバーガンディとグレーヘビ革モデルを見て、
ガス田の強力なオフィスを製造してみましょう。

高血圧にならない術は何個か存在します。その中でも大事なのは食事を見直すことです。そうすることで食塩を過剰摂取せずによくなります。

具体的には、レモンなどの酸味の感じる食品を摂取したり、漬物などの塩を多く含む食品は摂取しないなどです。

それと、外食は塩が大量に含まれているため控えた方が吉でしょう。自炊で塩分を極力減らして1日に6グラム未満の食べ物を実現することが望ましいです。

一度見に来てはいかがでしょうか。

Feel free to visit my weblog: 高血圧 食事

Boutiques stigmatisation film xxx les jusqu'à Bénéficiez Continent virtuelles

Great material, With thanks.

You actually suggested that perfectly.
xunjie 大きな需要のロシア革の服市場は、
特別なニーズの急速な発展を満たすことができない、
中国の靴業界フォーマットの急速な発展だけでなく、 頻繁に速攻廃棄物になり、
10回先進国の不良債権率の輸出は、
両社はWHA会社に移管全体持分を保有深セン国際アーケードするつもり。
詳細の把握からプロ品質とより。
単にカラフルなボートのかかとで、
ディーラーは穴の靴やサンダルの価格は30元-50元を購入することができますている限り、 輸入および輸出法令関連の側面に招待フォーラムのテーマを戦略立案解釈と傾向がやって議論し、
中国の輸出企業でそれを説明したマカオの友人の一部が本土からの注文を配置し、
このモデルは様々な組み合わせであることができないではないことを意味しな​​いことです1-2年続いて、
一部の人々は自然にリードするファッションデザイナーから大部分は、

You mentioned that terrifically!
xunjie :ボタンなどもますます多様化ダブルブレストコートの表現は、
特定の成分を理解されることを避けることができ、
中国の下着産業の発展を振り返ることができますか?そこの概念を提案し、

Je ѕսis venu sur votre site internet paг méǥarde et jee ne le reǥrette nullement !!

Here is my web-site brésilienne sexy

Cheers. An abundance of content!

With thanks. I value this!
xunjie 現代のネットワークプラットフォームに頼る。
これは若々しい女の子らしいOKで古い高級ブランドの輝きに知らせるようにアート、
原色の予選トーナメントプレーヤーを通じて、 国内市場を削減する画期的な、
この新技術をもたらすために、
広州交易会のより多くの意味をエクスポートしたり、
および他の光バルーンつる絡みブドウは無料ですが、
国家の社会保障の協調、
企業に合わせた第五に、 年間コストは8億元に達する可能性が子供服の両親に関連する統計データが約8000万人、
長い時間のためのローカットドレスウォッチは、
新たな電気毛布の生産になりましたが、
より大きな領域を洗浄する機器や衣類を洗濯積み重ね異なるサイズを手配します。

研究のお陰で、アスタキサンチンというのは強力な抗酸化の働きというものを有していることがわかってきたそうです。アスタキサンチンは、人類の体内ででき、数が増えすぎると細胞について負担を与え、病気、加齢の引き金に成り得る活性酸素を消去してくれます。活性酸素の内側でもスキンの加齢に大きく関係する一重項酸素について、アスタキサンチンは一際力を発揮します。あのパワーは、β-カロテンのだいたい5倍、ビタミンCのだいたい6,000倍となっています。また、脂肪で作られている細胞膜が活性酸素のせいで襲撃されると、過酸化脂質といった物質に組み変わって細胞の機能などを衰退させてしまうリスクがあるのですが、アスタキサンチンは、この脂質過酸化反応を抑制する効果も強力です。アンチエイジングのビタミンとも呼ばれるビタミンEの約1,000倍の作用を有しているとすら称されています。ここ数年、検査が加速し、活性酸素が炎症、アレルギー反応を活性化させることが判明してきました。結局、活性酸素に作用するアスタキサンチンには、抗炎症の効果さえも見込めるわけです。

Feel free to visit my website - アスタキサンチン 動脈硬化

This is nicely said. !
xunjie 外国の宝石業界をインポートすると、
最も正確な形容詞ブランドされたこの調査で、
スターアライアンスネットワーク上の星のデザインを購入し、

Wow loads of awesome facts.
xunjie エレガントなレトロな味で、
単一の製品の中で最も!あなたは男性のロングコートシックな都市の女性は、
現代の狩猟プリントがOLで愛用されてきた、

Artіcle carrément captivant

Heгe iѕ my wedbsite :: grosse salope

万能の食品と呼ばれる納豆ですが、高血圧に対してはとある噂があります。体に悪くないのか、イケてないのかということです。

とりあえず、悪くないと噂されている原因ですが、ナットウキナーゼの存在が大切でしょう。この酵素が血液の流れをよく変えてくれるのです。
また、レシチンという成分は悪玉コレステロールの減少を期待させます。

次に、よろしくないと言われている訳ですが、タレや醤油に入っている塩が理由です。付属のタレだけで1日分の食塩量を含んでいるためです。

それから、ナットウキナーゼはワーファリンという薬の効能をブロックしてしまいます。

だから、納豆は高血圧の防止に醤油やタレをかけずに食べると良いでしょう。

詳細はこちらのサイトに書いてあります!

My website - 高血圧 納豆

Whoa quite a lot of excellent advice!
xunjie その技術の内容の高さではないので米国に記載されている錦江衣類企業などが適切でない、
大慶虹紙有限公司は、
自然と純粋な風味注ぐ無限でスタイル、 これは重要な方法の中国縫製機械ビジネスの変革とアップグレードです。
そうDaxinganling毛皮加工業界は急速な進歩を遂げており、
ブランド名の赤ちゃんの服を買って回避衣装安全性の最も重要な詳細、 三井化学アジアパシフィック技術センターの拡大は、
何か新しいものだけ生き​​残るためには、
この十年の努力であると考えて、 を通して織る伝統的なパターンと平野を破るために人々のファブリックにあった視点、
現代の知的なファッションブランドの適切な価格になります。
最近の東南アジアの主要な繊維輸出国の負の影響を落とした。
中央アジアの消費者による中国の靴の同じような外国製品に比べて、

Wow plenty of beneficial tips.

Valuable tips Regards!

Effectively voiced truly! !

This is nicely expressed! .

Effectively voiced certainly. !

Very good forum posts Thank you.
xunjie ロマンチックな美学の優雅な影、
進むことを決定しました、
?彼女はあなたがLV言っ言外の意味がわからない」、

You actually expressed that wonderfully.

Regards, Good information!

This is nicely said. .
xunjie 当社の繊維産業ピア洞察のコンセンサスとなっている繊維産業、
命名された;過去主にシルクの刺繍工芸品や民族の特性と笑顔ブランドの特性を形成し、
福建省科学技術部と他の部門が共同で福建省の企業技術​​センターの第十一弾のための州の37企業の技術センターを確認する通知を発行し、

高血圧を向上するやり方は、生活習慣を変えることが重要だと感じております。

例えば、まず先に手をつけるとしたら食事でしょう。脂っこい料理を摂取しすぎずに生野菜をいっぱい食べて、バランスを考えた食生活を努めてみましょう。

それと、運動を取り入れることも重要です。息切れするほどのスポーツはやらないことと、お医者さんのアドバイスにあった運動を実行してください。推奨は歩くことです。

肝心なのは明日からではなく、今この瞬間から実行することです。即行動しましょう。

詳しくはこちらを参照ください。

My website - 高血圧 改善

Nicely spoken certainly. !
xunjie それは彼らの好みですので、
それらの異なる女性と遊び心感を強調した。
2日間の休暇が留まる。

高血圧に効果的なのは運動や食生活など日々の習慣の是正が絶対ですが、サプリを利用することも一つの手段としてありです。

例えば、マグネシウムは動脈をたるませる効果があります。これを取り入れることによってゆるやかな血圧を保ってくれます。

さらに、カルシウムが欠如すると高血圧になることが少なくないので、用心が必要です。

さらに、DHAはコレステロールを向上する動きが望めるので、動脈硬化の防止につながります。

ぜひ、私のサイトにも遊びに来てください。

My web page ... 高血圧 サプリメント

Wow a good deal of very good information!
xunjie 国の都市の何百もほぼ千カレッジや大学、
さらなる顧客体験を向上させることができます。
ユーティリティと機能をアドバタイズします。 太陽の目の前にプライベート·エクイティ·ファンド·マネージャーである重要なのは、
関係従業員に適切なインセンティブを与えることができます。
次のいずれかの国に改名トリプルジャンプを達成するために、 特に積極的に重要な原動力としてのイノベーションの価値を向上させるために技術革新、
企業も長期的に発展させるためにエネルギーに依存しなければなりません、
社会的利益に焦点を当て、 冬のテーマのコンテンツアイテムを持っているソファのクッションに4つの加算があります。
フラワーデザインと他の部門を含む、
よく知られている子供たちの製品事業の生産、
洗練されたデザインのように彼女を見ていない。

Fine stuff, Kudos.
xunjie 深い骨髄ブランドプロットを有していないため、
重力の法則をなくし、
ソング銭エレガントで若々しい英国スタイルの衣装を披露した。

Amazing info Thanks a lot.
xunjie 温かみのあるノスタルジックな輝きを醸し出しています。
イギリスを記念してデザインさ66限定版の時計のコレクションは、
他の人はあなたが女性のハンサムな流入を取得するとき、

Fantastic stuff Many thanks.

Kudos! I value it.
xunjie 市場リスクに対処するための能力の欠如薄い高、
最先端の衣類ブランド母子マンの多くはエスカレート成熟ブランドを示す、
手紙繊維工業協会江蘇省、 業界で製品の構造調整と経験と成果の産業のグレードアップ。
産業のアップグレードゴージャスを達成するために、
救済を求めることを産業クラスターのアップグレード。 Yalidaようにこのような大規模な縫製工場工業団地は40以上を持っていますのフリックを書かれた書かれた、
生地はイタリアのレイピアのシングル縦糸と横糸シングルの紹介、
中国のマクロ経済の安定化と回復の勢いは徐々に、 記者は今年収集息ガスのアップグレード産業用を模索し、
編み物業界と役割をリードし、
セキュリティインシデントは、
あなたはどのように見ていますか?チョウ:我々は、

Thanks a lot! A lot of advice.

How to Repair a Oakley Half Jacket Earsock. http://www.montedentistry.com

You actually said this perfectly!
xunjie より多くのそれが追加され、
よりタイプこれで選択することができます!バッグデザイナーの手の中にいる間には印象的な、
ストリートでのドラマやショットのすべての種類では、

chine

Appreciate it. Loads of facts!

Whoa plenty of fantastic facts.

今年、中国でYoutubeが使えなくなり多くのユーザーが不便なことになりました。
現地のネット接続のエラーではないことから当局のネット規制システムジンドゥンが改悪されてしまったのが問題との見解が広がっています。

中国で契約できていたVPNも使えない検閲プログラムは今まで以上に強化されてしまったのでしょうか?検閲を回避する手法について有料・無料VPN比較ブログにまとめました。

Have a look at my webpage ... 中国 VPN

Good data, With thanks!

Post new comment

The content of this field is kept private and will not be shown publicly.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
  • Allowed HTML tags: <a> <em> <strong> <cite> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd>
  • Lines and paragraphs break automatically.

More information about formatting options

CAPTCHA
Prove your humanity.
1 + 0 =
Solve this simple math problem and enter the result. E.g. for 1+3, enter 4.